MENU

縮毛矯正で綺麗なストレートヘアを長持ちさせるための縮毛矯正ケアのまとめ

縮毛矯正した後のストレートヘアを長持ちさせるために、毎日のケアは欠かせません。
まず縮毛矯正を受けた髪の状態を知ること、そして自宅でできるお手入れについての正しい知識が必要です。

縮毛矯正した当日のケアを怠らないように

縮毛矯正ケア

縮毛矯正をした直後は、髪が一番痛んでいてナイーブな状態です。

薬剤の塗布とアイロンの熱で、髪に大きな負担がかかっています。
すぐにお手入れをしたい気持ちはわかりますが、しばらく髪をそっとしておいてください。
縮毛矯正のときに使用した薬剤がまだ十分に定着していませんので、髪に刺激を与えないようにしましょう。
具体的にどうしたらよいのでしょうか。
縮毛矯正を受けた当日のシャンプーは控え、薬剤を落ち着かせます。
またすぐにブラッシングしたり整髪剤をつけたりして、髪を摩擦するのもよくありません。
さらに寝るときには、できるだけ寝癖がつかないように気をつけてください。
縮毛矯正をした直後のケアは後々にまで影響しますから、しっかりとしたお手入れを意識しましょう。

 

縮毛矯正のお手入れを毎日して長持ちさせよう

 

毎日きちんとケアをすればするほど、それだけストレートヘアを長持させることができます。
ケアの1つとしてブラッシングの仕方に気をつけて、矯正の効果を維持しましょう。
正しいブラッシングの方法は、髪がよく乾いているときにすることです。
濡れたまますると、髪の表面にあるキューティクルを損ない、痛みが早くなります。
入浴後は特に洗って濡れた髪をブラッシングしがちですので、注意してください。
またシャンプーの方法にも気をつけて、直接シャンプーを頭皮につけないように、よく泡立ててから優しく洗います。
ゴシゴシこすって髪を痛めないように、泡で汚れを落とすイメージです。
ストレートヘアを維持できるように、シャンプーとブラッシングの方法を改善していきましょう。

 

縮毛矯正を長持ちさせるのに役立つアイテム

 

縮毛矯正の効果を長持ちさせるために、普段使っているアイテムを見直すとよいです。
シャンプーやトリートメントは最適な物でしょうか。
髪のダメージにかかわることですから、含まれている成分を確認して、髪に合うものを使用しましょう。
縮毛矯正した髪は摩擦に弱く、また水分が少なくなっていて艶が出にくい状態と言えます。
ですから、シャンプーは保湿成分が入っているものや、洗浄力が強くないマイルドなタイプがよいです。
加えてトリートメントもストレートヘアの維持に欠かせません。
痛んだ髪の表面をコーティングし、保護できるようなタイプのものを選んでください。
普段何気なく使っているシャンプーとトリートメントを見直し、さらさらのヘアを維持したいですね。

 

縮毛矯正した後の髪の毛の痛みとは?ケアが必要な理由

縮毛矯正した後の髪の毛が気になりますか?
矯正して髪が痛んでしまったのではないだろうか、ケアをしたほうがいいんだろうかと思う人は多いです。
縮毛矯正後の髪の状態を知れば、ケアをすべき理由もわかってきます。

 

縮毛矯正後の髪の状態とは

 

縮毛矯正後の髪の状態

縮毛矯正は読んで字のごとく縮れ毛を矯正するわけですから、自然の作用ではありません。

薬剤を使用する化学的な作用といえます。
還元剤と酸化剤という2つの薬剤を使用して矯正するのです。
この2つの薬剤をしようして縮毛矯正した後、髪はどんな状態になっているのでしょうか。
一見するとサラサラヘアーになっていて、問題がないように見えるかもしれません。
しかしながら、縮毛矯正直後は薬剤が髪にしっかり定着していない状態にあり不安定です。
安定していないわけですから、その後のケアの仕方によって縮毛矯正の効果が良くも悪くも変わってきます。
薬剤によって矯正された髪がまだ落ち着いた状態にないので、ケアが大切だということを覚えておきましょう。

 

縮毛矯正後の薬剤と熱による髪への負担

 

縮毛矯正した後、なぜきちんとしたケアをする必要があるのでしょうか。
それは矯正したことにより、髪に大きな負担がかかっているからです。
とりわけ薬剤と熱による髪への影響があります。
縮毛矯正にはとても強い薬剤が使用されることを知っていますか。
髪の内部にまで影響する縮毛矯正剤ですから、当然ながらリスクを伴います。
髪の形を自由に変えられる状態にしたり、アイロンで矯正した髪を固定したりするために液剤を使います。
どうしても髪に一定の負担がかかってしまうのです。
また薬剤を塗布したあとに使用する、アイロンによる熱も髪を痛める原因です。
縮毛矯正後の髪はデリケートな状態ですから、正しいケアを怠らないようにしましょう。

 

縮毛矯正を維持したいならケアを欠かさずに

 

縮毛矯正後にケアする別の理由は、ストレートヘアを維持することにあります。
矯正された状態を維持するとはどういうことでしょうか。
縮毛矯正は、縮れ毛であった髪が自然にストレートになったわけではありません。
薬剤によりいわば人の手でつくり上げた状態です。
ですからケアを欠かさずに行い、矯正された髪を維持していく必要があります。
シャンプーの選び方や行い方を間違えたり、不必要に髪に摩擦を加えたりすることで、髪が痛み縮毛矯正を維持できなくなる恐れがあるのです。
縮毛矯正を行えばもう安心、その後何もしなくても綺麗な髪を保てるというわけではありません。
さらさらの髪を維持していくためには、日常のケアが必要なのです。

縮毛矯正の効果が続く期間はしっかりケアすることで伸ばせるのか

縮毛矯正したものの、果たしてどのくらい効果が続くのか気になるところです。
少しでもストレートヘアの状態を長持ちさせたいと、誰もが思います。
実は縮毛矯正をした後にしっかりケアすることで、効果が続く期間を伸ばすことができます。

 

縮毛矯正の効果が続く期間は人それぞれ

 

縮毛矯正の効果

縮毛矯正は永久的に効果があるわけではありません。

髪が成長し伸びてくれば、矯正前と同じようなくせのある髪が再び生えてきます。
ですから一度縮毛矯正をしても、その状態がずっと続くわけではないのです。
一度の縮毛矯正で、どれぐらいの期間にわたって効果を保てるかは一概に言えません。
なぜなら、縮毛矯正をしたときに使用した薬剤の強さや、アイロンの温度によっても違いが出てくるからです。
強い薬剤を使い高温度でアイロンを行えば、当然効果もそれなりに期待できます。
それに加えて、髪質や状態によっても効果が続く期間が違います。
くせが非常に強く硬い髪質の人もいれば、毛量が少なく柔らかい髪質の人もいます。
効果が続く期間は人それぞれですので、自分に合うケアをして縮毛矯正を長持ちさせましょう。

 

縮毛矯正後は毎日しっかりケアすることを怠らない

 

人によって違いますがしっかりとしたケアを行えば、縮毛矯正の期間を長くすることができるでしょう。
ただし毎日きちんとケアをすることがポイントです。
気が向いたときや、髪のダメージが気になったときだけケアをしても、効果は期待できないでしょう。
例えば植物にあげた肥料の効果を持続させるために、毎日コツコツと水をあげ手入れをするのではないでしょうか。
縮毛矯正もそれと同じです。
縮毛矯正の効果を少しでも伸ばすために、毎日地道にケアをしてください。
気づかないかもしれませんが、髪は毎日少しずつ伸び変化しています。
いつも自分の髪の状態を意識して定期的なケアをすることで、効果が続く期間を伸ばしましょう。
特に縮毛矯正の直後は、意識的にケアを行ってください。

 

縮毛矯正後はシャンプーを上手に使おう

 

まず注意したいのは、縮毛矯正した日のシャンプーを避けることです。
縮毛矯正直後はまだ薬剤が定着していませんので、すぐに取れやすい状態になっています。
その状態でシャンプーをすると、せっかく矯正のために使った矯正剤が流されてしまいます。
そのようなわけで、縮毛矯正直後のシャンプーは控えるようにしましょう。
またシャンプーの選び方も大切です。
縮毛矯正によりアルカリ性になった髪を、弱酸性へ戻してあげなければいけません。
そのため縮毛矯正前と後では、選ぶシャンプーが変わってきますので注意してください。
加えて洗浄力が強くないものや、刺激が少ないシャンプーを使用するとよいです。
このように、シャンプーを正しく使うだけでも、縮毛矯正の効果を長持ちさせることができます。

美容院で縮毛矯正を受けた当日のシャンプーは大丈夫なの?

縮毛矯正をした当日にシャンプーをするのはいけないのでしょうか?
当日はしない方がいいと言われることもあれば、大丈夫ですと言われることもあり判断に迷うことでしょう。
縮毛矯正を受けた当日の髪の状態と、シャンプーをすることによる影響を知っておいてください。

 

縮毛矯正を受けた当日の髪の状態

 

縮毛矯正を受けた当日

縮毛矯正を受けた日の髪の状態を知っておきましょう。

縮毛矯正を受けた直後は、薬剤がまだ定着していない状態にあります。
つまり縮毛矯正で使用した矯正剤が、取れてしまう恐れがあるのです。
紙に糊をつけたときをイメージしてもらえれば、分かりやすいでしょう。
糊をつけた直後はまだ固定されておらず、不必要に触ったりすればすぐにでもはがれる状態です。
縮毛矯正後もこれと似た状態にあるといえます。
縮毛矯正剤である酸化剤を使用して、髪をストレートに維持しようとします。
しかしながら、この段階では薬剤を塗布したばかりで、十分に固定されていないのです。
ですから縮毛矯正をした当日は、しっかりと時間を空ける必要があります。

 

縮毛矯正当日のシャンプーは大丈夫?

 

美容院によっては、縮毛矯正を受けたその日はシャンプーをしないでくださいと言われます。
もちろん絶対にしてはいけないということではありません。
シャンプーをしたからといって、すべてが台無しになってしまうわけではないので安心してください。
ではなぜその日にシャンプーをしないようにと言われるのでしょうか。
それは縮毛矯正で使用した薬剤を、浸透させるための時間が必要だからです。
薬剤でストレートになった髪はまだ不安定です。
髪は以前のくせのある状態に戻ろうとします。
そのような不安定な状態の中でシャンプーをするならば、薬剤がとれてしまう可能性があるのです。
それで当日のシャンプーは控えるように、最低24時間はシャンプーをしないようにと勧めることがあります。

 

縮毛矯正後のシャンプーが大丈夫といわれるのはなぜ?

 

縮毛矯正を受けた当日のシャンプーを控えるようにと言われる一方で、シャンプーをしても大丈夫と言われることもあります。
施術する美容院によって違いますので、どちらが正しいということはありません。
ではなぜ当日にシャンプーをしても大丈夫と言われることがあるのでしょうか。
その理由の1つは薬剤の問題です。昔と比べて縮毛矯正剤の品質がよくなり、しっかりと矯正できるように研究されてきました。
もう1つの理由は美容師の技術の向上です。
縮毛矯正をする人が増えるにつれ、縮毛矯正の専門店ができるようになりました。
それにより、縮毛矯正の正しい知識と技術を身につけた美容師が増えてきたのです。
以上の理由により、矯正したその日にシャンプーをしても大丈夫と言われるケースがあります。

縮毛矯正した後に発生するビビリ毛とはそのケア方法について

縮毛矯正したもののうまくいかずビビリ毛になってしまった、こんな言葉を耳にすることがあります。
そもそもビビリ毛とはどんな状態のことでしょうか、ビビリ毛に有効なケアが何かあるのでしょうか。
この2つの疑問にお答えします。

 

ビビリ毛とは

 

縮毛矯正した後に発生するビビリ毛

縮毛矯正をした後に起こるビビリ毛とは、矯正により髪の毛が非常に痛んでいる状態のことです。

キューティクルと言われる髪の表面がダメージを受けているのです。
ビビリ毛は見ても触ってもよくわかり、チリチリしているのが特徴と言えます。
なぜこのような状態になるかと言うと、美容院で受けた縮毛矯正や、元々の髪の状態が原因である場合が多いです。
髪の状態に合わせて薬剤が使用されていれば問題ないのですが、強すぎる薬剤であれば髪を痛めてしまいます。
また薬剤がついている状態でアイロンを使用することも、ビビリ毛の原因です。
さらには元々髪の状態がよくない上に縮毛矯正をした結果、髪質を悪化させてしまうこともあります。

 

シャンプーでビビリ毛をケア

 

ビビリ毛を完全に修復することはできませんが、毎日のケアにより応急処置をすることができます。
まず手始めに行いたいのが、毎日使用しているシャンプーの見直しです。
シャンプーに含まれている成分をよく確認し、ビビリ毛をケアするのに適したものを選んでください。
色々な種類のシャンプーが販売されている中、何を目安に選んだらよいのでしょうか?
それは刺激の少ないもの、また保湿となる成分が入っているシャンプーかどうかです。
ビビリ毛で髪に必要な水分がなくなっていますから、保湿成分が含まれているものを選びましょう。
髪に合わせてシャンプーを正しく選び、縮毛矯正後のビビリ毛をこれ以上悪化させないようにケアしてください。

 

マイナスイオンドライヤーでビビリ毛をケア

 

縮毛矯正してビビリ毛になった髪を、どのようにケアしたらよいでしょうか?
マイナスイオンドライヤーを使用することでケアできます。
何気ないことのように思うかもしれませんが、ドライヤーは重要なポイントです。
普段使用しているものを、マイナスイオンドライヤーに替えてみるとよいでしょう。
マイナスイオンドライヤーはただの送風ではありません。
水の粒子が髪に吸着することになりますから、痛んだ髪には効果があります。
保湿効果があり、ビビリ毛で水分を失った髪に元気を与えてくれるのです。
また静電気をおさえる効果も期待できますから、髪にまとまりをつけるのにもよいでしょう。
ビビリ毛対策の1つとして検討してみるのはいかがでしょうか。